健康への道を指し示す者として

医歯薬業界で働く方は、心から患者の健康を願っていると考えられて、患者を健康体で帰すことが医療人としての務めとなるのです。人は誰しも健康を維持したいと思うものであり、病気とは無縁の生活を送るために、定期的に健康診断を受けている方がいるのが窺えます。ひいては健康増進のための習慣を取り入れて、いつまでも若々しくいようとする前向きな気持ちになることが考えられるのです。健康になることを最大のテーマとして掲げている方がおられると思い、健康になったのを機に精力的な活動をしていこうとする目標を立てているかもしれません。健康になることで、体の内側からエネルギーが溢れるような感覚を味わうようになると考えられて、その有り余る活力を原動力とした新たな一歩を踏み出すことを夢見ている方がいると思います。だからこそ「意地でも健康になってやる!」というくらいの熱い気持ちが自身を駆り立てていくのだろうと考えられるのです。
 
「健康だからこそ今の自分があって、生き生きとした人生を送れるんだ」とおっしゃる方がいると思います。いかにも健康を武器としているかのようにして全国を飛び回っている方がいると考えられて、そうした方ほど健康に気を遣っているのではと感じさせるくらいです。今の活動的な人生を継続したいという想いがあるからだと思い、医歯薬業界で働く方は、先のような健康への関心が高い方に対しても適切な医療行為をしていこうとするのが考えられます。

健康体を作るのは食事です。夜勤では医者も看護師もスナック菓子で空腹を満たすと何かでよみました。即、メタボになると考えられる。夜勤では脂肪分が少ない且つ疲れを癒すグレープフルーツがいい。「夜中に酸っぱいものってなんなんだ」と思われるかもしれませんが、目が覚めていいじゃないかという人もいる。賢い看護師の必殺技だ。